自動車査定

新古車の魅力について|自動車査定

新古車は新車とほぼ変わらない

新車を購入するには予算が足りないけれど、でもできるだけ新しい車に乗りたい…そんなわがままを叶えてくれる中古車があるのをご存知でしょうか。
それはいわゆる「新古車」といわれるカテゴリの車です。
これは、実際は中古車。
ですが、購入者のもとへ輸送している間に小さな傷がついてしまった車やショールーム用に準備されていた車は、いわばほとんど新車です。
ですが、「ほとんど新車」であっても「まっさらな新車」ではないために中古車扱いとして販売されます。
これを新古車と呼んでいます。

 

完全な中古車に比べればやはりやや値は高めに設定されていますが、ほとんど新車同様ですから非常にキレイですし、走行距離も短いものばかり。
当然事故車でもありません。
安価にいい車を手に入れられるのが新古車なのです。

 

ただ1点、注意があります。
新車であれば、初回の車検は購入後3年目に受けることになりますが、新古車は初回の車検であっても購入後2年後に受けることになります。
新古車の購入時には、初回の車検の時期を確認するようにしてください。

 

自動車査定を高額で買い取るコツはこちら