自動車査定

中古の事故車を購入するときは|自動車査定

事故の規模によっては維持費がかなり高くなる

中古車を購入する時の決め手のひとつに「事故車か否か」を目安にしている人も多いと思います。
そして、できれば事故車ではないものを選びたいものですよね。
欲しい車が事故車だった…事故車ではないものは予算オーバーだから、事故車を選ぼうかな…と悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。

 

事故車の購入を検討している場合は、購入前にできるだけ事故の規模を確認しておきましょう。
後部座席のドアをへこむ程度にぶつけられて1枚交換した、というくらいでも事故車扱いになる場合もありますが、この程度であればまず運転に支障はないですよね。
しかし、前面を大きく破損するような事故の場合、修理時にもちろん運転に支障がないように復旧はさせているはずですが、やはり事故車ではない車に比べて運転し心地にクセがあったり、劣化が早くなったりすることもあるようです。

 

それでもいいということであれば日々のメンテナンスは念入りに行い、必要に応じて定期的に整備士によるチェックを受けるとよいでしょう。

 

自動車査定を高額で買い取るコツはこちら